人に言えない薄毛を治す発毛治療|専門クリニックで黒髪カムバック

医者

効果的なケア

薄毛

発毛治療を行うために、重要となるのは毎日のシャワーでの対策でしょう。シャワーは髪に付着した汚れやホコリを取り除くだけではなく、余分に分泌された皮脂を取り除くために重要なものです。たくさんの皮脂は毛穴に詰まることで炎症を起こし、抜け毛を増やす要因となるため、シャワーでのケアは必須のものとなるのです。お湯でシャワーを浴びる場合、髪にとって最もよい温度はどれくらいかと気になる人は多くいるでしょう。毛穴の汚れを取り除くため、頭に掛けるシャワーは必ずお湯で行わなければなりません。しかし、熱すぎる温度の場合毛根にもダメージを与えてしまうことも考えられるので、最適な温度はどれくらいか知りたい人は多くいるのです。シャワーを浴びる際に最もよい温度とされているのが、38度のお湯です。30度以上のお湯ならば、頭皮にある多くの皮脂が溶けやすくなるので、シャワーによる皮脂の除去効果を高めることができます。シャンプーの効果を高められるということは、少量のシャンプーでも効果的に頭皮ケアが出来ることを指しています。シャンプーは製品に含まれているシリコンなどの化学物質が頭皮に悪い影響を与えてしまうとたびたび話題になりますが、適温のお湯を使うことでシャンプーの影響を弱められるので、効果的な発毛治療ができるでしょう。ほかにも、お湯を使うことで頭皮の血行も促進されるので、頭皮の細胞にたくさんの栄養を与えて発毛を促すことができるのです。

お湯の温度以外にも、発毛治療の一環として使用するシャンプーについても効果的な物を選ぶ必要があります。多くのシャンプーは高い洗浄力があるので、利用することで頭皮に残っているたくさんの皮脂を取り除くことができます。しかし、現在ではその高い洗浄力が逆に抜け毛の原因となっている事が指摘されているのです。強すぎる洗浄力は、頭皮を守り保湿を行うだけの皮脂すら取り除くとされています。皮脂は決して人にとって害をもたらすだけではなく、肌を乾燥や菌による害から守る機能を持っています。皮脂が増えすぎると毛穴の詰まりや有害細菌の増殖を招いてしまうので、皮脂を適量にするためにシャンプーを行う必要があるのです。ところがこのシャンプーの洗浄力が強すぎれば、乾燥を防ぐ皮脂もきれいに取り除いてしまうので、肌が乾燥してしまい紫外線や菌への影響に晒されてしまうのです。そこで利用が出来るのが、化学物質を使わない天然素材のシャンプーです。現在では有害なシリコンを含まない天然由来のシャンプーが多くありますが、こうしたシャンプーは市販されている多くのシャンプーに比べ、洗浄能力は控えめなものとなっています。そのため、皮脂を必要異常に落とす事を防げることから、発毛治療として利用することができるのです。適温のシャワーと最適なシャンプーを組み合わせることで、毎日の頭髪ケアも万全なものとなるでしょう。